池田敬正・池本美和子 著
日本福祉史講義

目次

はじめに
序 福祉実践と現代社会福祉
  福祉とはなにか
  福祉発展の三段階
  社会福祉の成立

1 前近代における福祉実践
 1社会共同の展開と生活支援
 2地域相扶と福祉実践
 3儒教の徳治と福祉実践
 4仏教の慈悲と福祉実践
 
2 近代における福祉実践
 1社会共同の解体と生活支援
 2救済と慈善の思想
 3恤救規則の成立
 4救済事業の展開
 5救貧法制構想
 6慈善事業の発展
 補論 石井十次と留岡幸助

3 現代における福祉実践
 1社会共同の再生と生活支援
 2社会福祉思想の形成
 3社会福祉行政の開始
 4「社会事業」の展開
 5救護五法の成立
 6社会保険の形成
 7十五年戦争下の厚生事業
 8戦後における社会福祉の再生
 9現代的成熟と社会福祉
 10七〇年代以降の「福祉改革」
 11二一世紀にむけての社会福祉
 補論 徳永ゆきと糸賀一雄

参考文献
統計資料


高菅出版HPへ