第U部 自分史断片ー元炭鉱社員の生活史
第1章 出生から、復員まで
 1 幼・少年期
 2 高校・大学のころ
 3 兵役

第2章 炭鉱人となる(貝島炭礦時代)
 1 岩屋炭礦のころ
 2 大之浦本社に転勤
 3 吸収石炭鉱業聯盟に出向
 4 大之浦本社に復職
 5 炭鉱現場勤務(大之浦第五坑)
 6 五坑から本社に戻る
 7 用地課のころ
 8 就職斡旋課のころ
 9 浪人時代

第3章 石炭から、鉄へ(製鐵運輸時代)
 1 再就職・移住
 2 房総半島に住みつく
 3 製鐵運輸を退職

第4章 余生
 1 年金生活に入る
 2 石炭に関係したことに
 3 佛教大学研究グループとの出会い
 4 町内役職ほか
 5 金婚式ほか

第V部 石炭産業と地域・教育・家族
第1章 旧産炭地の地域問題と地域振興
 1 筑豊地域の地域動向
 2 宮田町の地域動向
 3 石炭後遺症の克服とトヨタ自動車九州の進出
 4 新たな地域振興の模索

第2章 炭鉱と教育ー貝島の教育・育英事業を中心に
 1 貝島の教育・育英事業
 2 貝島の教育・育英事業が果たした役割
 3 産炭地域における教育

第3章 離職家族と生活ネットワーク
       −移動家族と非移動家族の比較分析
 1 離職家族と生活ネットワーク
 2 高齢期における離職者家族の生活ネットワーク

資料:貝島炭礦略年誌


高菅出版HPへ

高橋 伸一 編著
移動社会と生活ネットワーク
   ー元炭鉱労働者の生活史研究


目次

まえがき
序章 本研究の課題と方法
 1 研究の課題
 2 調査研究の経過
 3 「調査」をふりかえって

第T部 石炭産業の崩壊と労働者
第1章 石炭産業と労働者
 1 炭鉱初期の労働者
 2 戦前の労働者給源と流動性
 3 戦時体制下の労働給源と戦後の労働者供給
 4 「合理化」と雇用形態の変化
 5 「流動化政策」と階層分解
 6 移動層の定着化

第2章 筑豊と貝島炭礦
 1 石炭産業の発達
 2 戦後の石炭産業
 3 貝島炭礦の発展

第3章 貝島炭礦の離職者対策
 1 合理化の進展と離職者対策
 2 企業の離職者対策と行政の対応
 3 就職斡旋課活動の展開
 4 就職実態と斡旋業務の解散

第4章 閉山に伴う地域社会の変遷
 1 筑豊地域の変動
 2 地域生活の実状と課題
 3 地域振興の実状と課題
 
第5章 広域移動離職者の生活歴
 1 貝島炭礦閉山と離職者の広域移動
 2 雇用促進事業と炭鉱離職者
 3 広域移動離職者の生活歴

第6章 非移動離職者の生活歴
 1 離職と人口移動
 2 非移動離職者の特質と生活実態
 3 非移動離職者の居住形態と生活状況
 4 離職者の非移動という選択