金澤 誠一 編著
「現代の貧困」とナショナル・ミニマム

目次

序 章 現代の貧困の考え方
 1 貧困概念の拡大ー絶対的貧困論から相対的貧困論へ
 2 相対的貧困論のあいまい性とその克服

第1章 現代の貧困と低所得層
 1 現代の貧困の特徴とその構造
 2 低賃金・不安定雇用層の増大
 3 戦後、国民生活の推移ー「構造改革」の下での生活の崩壊
 4 現代の貧困の現れ方
 5 ホームレス問題の実態

第2章 公的扶助の歴史
 1 イギリスにおける公的扶助の歴史
 2 日本における公的扶助の歴史

第3章 日本の生活保護制度
 1 生活保護制度の目的と基本原理
 2 生活保護の原則
 3 被保護者の権利および義務
 4 生活保護の種類
 5 生活保護基準

第4章 低所得層とその対策
 1 低所得層とナショナル・ミニマム
 2 低所得対策
 3 ホームレス対策の現状と課題

第5章 国民生活の再構築・「最低生計費」の試算
 1 「首都圏最低生計費」の試算の概要
 2 変曲点(曲がり理論)に基づく「最低生計費」の検証

第6章 生活保護における組織及び団体の役割
 1 福祉事務所の役割と実際
 2 生活保護における相談援助過程
 3 生活保護の相談・援助事例
 4 自立支援プログラムの意義と実際

第7章 生活保護の動向と不服申立て制度
 1 我が国における生活保護の動向
 2 不服申立て制度と訴訟

資料編
                              高菅出版HPへ