小森 治夫 著
地域開発政策における公共事業の財政問題
            ー土木・建設産業と地方財政制度を中心として

目次

はじめに
ー広域圏域とコミュニティ

序章 地域開発政策における社会的費用とコミュニティ再生
 1 地域開発プロジェクトの社会的費用
 2 拠点主義地域開発と地域コミュニティの破壊
 3 地域開発の諸結果とコミュニティ再生の条件
 4 財政構造からみた地域開発

第1章 拠点主義開発の日米比較ー財政赤字と環境破壊の深刻化
 1 アメリカはなぜダム開発をやめたのか
 2 見直される日本のダム開発ー審議委員会の事例
 3 ダム開発の日米比較

第2章 地域開発の財政構造ー1990年代の鹿児島県を事例に
 1 財政状況の概観ー1990年代前半の財政規模拡大
 2 歳入の状況ー都市から農村へ散布される財政資金
 3 歳出の状況ー公共事業としての土木費と農林水産業費
 4 財政状況の分析ー弱い財政力と増える地方債

第3章 土木・建設産業と公共事業ー土木・建設技術の高度化の社会的影響
 1 土木・建設産業の特質と歴史
 2 土木・建設産業と公共事業
 3 土木・建設技術の高度化の社会的影響
 4 地域に根ざした土木・建設産業の役割

第4章 原発立地と交通ネットワーク整備ー大規模施設誘致型地域開発(1)
 1 川内原発立地の経過
 2 川内原発立地による雇用効果
 3 川内原発立地の財政効果ー電源三法交付金と固定資産税
 4 電源三法交付金の使途ー交通ネットワークの整備

第5章 コンビナート開発と港湾整備ー大規模施設誘致型地域開発(2)
 1 「新大隈開発計画」の経過ー「10年遅れのコンビナート開発」
 2 志布志港の沿革と開発の経過
 3 志布志町の人口と産業の推移
 4 開発の経済効果と財政効果

第6章 IT企業誘致の財政効果ーテクノポリス型地域開発の検証
 1 鹿児島の企業誘致効果
 2 国分・隼人地区の人口と産業の推移
 3 IT企業の誘致による財政効果

第7章 地域経済の土建化ー離島振興と公共事業
 1 奄美群島の特徴と歴史
 2 「奄美」とは何か
 3 奄美群島の地方財政
 4 地域経済の土建化

終章 広域圏域における総合的開発と地域コミュニティ再生の条件
 1 広域圏域再生とコミュニティ再生の条件ー自然と調和する技術と地域固有の技術
 2 地域再生の行財政システムー長野県、高知県などが提起したもの

あとがき


高菅出版HPへ