山田 明 著
公共事業と財政ー戦後日本の検証


目次

序ー問題の所在
第1章 1980年代までの理論と実態
 1 公共投資と社会資本整備の展開
 2 経済の構造転換と社会資本
 3 社会資本の理論展開
 4 社会資本論の意義と課題

第2章 公共投資と社会資本整備の地域展開
 1 公共投資と地域をめぐってー諸説の紹介
 2 公共投資の地域間配分
 3 公共投資の地域特性
 4 小括ー公共投資と地域

第3章 1990年代の公共投資と地方財政危機
 1 地方財政危機と公共投資
 2 90年代公共投資の展開
 3 公共投資の構造変化ー公共投資と国地方の財政関係
 4 公共投資の構造変化と財政

第4章 地域開発と公共事業
 1 地域開発の構想と現実
 2 大規模プロジェクトと地方自治体
 3 愛知県の大規模プロジェクトと財政危機

第5章 「構造改革」と公共事業
 1 「構造改革」の戦略と公共事業見直し
 2 地方制度再編と公共事業
 3 「都市再生」と公共事業

あとがき
主要参考文献
索引

 「本書は戦後日本の公共事業・公共投資と社会資本整備の動向を財政面からアプローチするものであるが、とりわけ地方財政と地域開発との関連を重視して検討していく。こうした検討をつうじて、公共事業や地域開発・地方財政の改革に向けた方向づけをしていきたい。」


高菅出版HPへ